珍しい土日休みの不動産会社に勤めつつ、趣味に生きてる30代既婚男です。

さだえさん

さだえさんのつぶやき

土屋鞄から学ぶ。需要を作ることの大変さ。

投稿日:2017年3月1日 更新日:

googleで「革 鞄」と検索してみてください。

土屋鞄

かなり上位に土屋鞄が表示されます。今回はこの土屋鞄さんを題材に少しSEOとかのお話しをば。

まず、なぜ土屋鞄さんを題材に扱うのか、という問いにお答えしますと、僕がレザーグッズのネットショップを持ってるからです。ライバルなんですよ、土屋鞄さん。まぁ、売上規模では比較になってませんが(^◇^;) で、ずっと何年も観察し続けてるんですが、一番感じるのは土屋鞄の広告費すげぇな~…ってことですね。いやぁ、尽きない尽きないw もしや広告費無尽蔵?って思っちゃいます。個人レベルでは太刀打ち出来ませんわ…(汗)

僕は相当革職人さんの世界に詳しいと思ってますが、「自分が作った革財布やら革の鞄、小物、靴などを買ってくれて生活できたら幸せ♪」と考える人って実はかなり多いんですよね。多分90%以上の人がその夢を叶えられず引退してますがね…(^◇^;) そりゃね、自分が作った革細工をお客さんが買ってくれて凄く喜んでくれた挙句お金も払ってくれるだなんてハッピーに決まってますよ。それを続けるだけで生計が立てられるならこれ以上ないくらい幸せでしょうね。

でも、無理ですから。

多分、芸人として生き残るより厳しいと思う。生計が立てられるようになるまで何年も掛かるだろうし、その間の生活費どうするの?って話しになると思う。上手くいくまでバイトでも何でもやって頑張る!って人もいるかもしれませんが、それをやったとしても上手くいくかどうか…。本当に厳しい世界だと思います。

はっきり言って「革 財布」とか「革 鞄」で上位にいる人たち、強過ぎだから…(汗) 土屋鞄、ココマイスター、ヘルツ、ポルコロッソ、万双などなど…、マジで強い。

こんなところに割って入っていける個人なんて早々いねぇよ…。俺、アフィリエイターとして切り込むジャンルとかある程度考えられるしWEB戦略も立てられるけどこの人たちに勝てる気がしない…(^◇^;) それぐらいガチでやってる。

けどね、1つ思うのはここまで広告費を投下しないと需要って作れないものなのかな~…ってこと。本当に毎月いくら広告費に使ってるの?ってぐらいのレベルですからね。財布、鞄、靴… これら全部生活必需品ってわけじゃないからねぇ。というか安物でも全然いいわけだし、高いモノを買ってもらうには相当洗脳(教育?)しないとダメだよね。

もう何年も土屋鞄とかは多額の広告費を使って消費者の洗脳(教育?)をし続けてるわけですよ。そこになんのWEBマーケティング知識も持ち合わせていない素人が突入しても勝てるわけないよね。いくら良いモノを作っていてもムリ。絶対。

もし勝てるとしたら、アレしかないと思う。本当に俺レベルだとこんぐらいの答えしか出てこない。そしてそれをやれる革職人ってほとんどいないんだよね。まぁ、自分がやりたかったことと違うだろうから仕方ないけど。僕が考えるアレ。なんだか分かりますか? USP的なナニカなんですけどね。というかUSPを作るってことなんですけど。

レザーグッズでバリバリやって行こうとはもはや思ってないので、気合いが入ってる革職人さんがいたら僕が考える戦略の全てを話しますよ。まぁ、気合いが入ってる革職人さん限定ですが。

いやぁ…、それにしても強いよ土屋鞄。ココマイスターもヘルツも。革小物業界も大変ね。

-さだえさんのつぶやき

Copyright© さだえさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.