珍しい土日休みの不動産会社に勤めつつ、趣味に生きてる30代既婚男です。

さだえさん

さだえさんのつぶやき

副業したいけど時間も余裕もない人は俺の話しを聞いてくれ。

投稿日:2016年4月11日 更新日:

m

今の仕事だけじゃあ将来が心配だから副業したいんだけど時間も余裕もなくて無理、、、と思ってる人はどれぐらいいるでしょう。

実は僕も時間も余裕もなく副業なんて無理だよ、、、と思っていた人間です。

結構長い間、真剣に悩んでいましたが誰も打開策を教えてくれませんでした。 ※「仕事辞めればいいじゃん」とか「起業すればいいじゃん」とかそういった役に立たないアドバイスはいただきましたが…。

結局、自分で試してみるしかないんだということに気付き、転職をして時間と余裕を確保して副業に取り組んでいます。なので僕の経験は↑の無責任なアドバイスよりかはよほど役に立つんじゃないかと思います。参考になるかどうか分かりませんが時間も余裕もなくて副業なんか出来ないよって思ってる人は読んでみてください。

断れないなら転職するしかないんじゃない?

51jmwBYDglL._SX308_BO1,204,203,200_

職場の雰囲気的に早く帰れないところってありますよね。残業して当たり前…みたいな。

僕も空気を読む人間なんでそういう会社では早く帰ろうとはしません。「マジで残って当たり前」って雰囲気の会社で空気を読まずに早く帰ってたら会社に居場所がなくなっちゃうでしょ(^_^;) そう考えると勝間和代さんの「断る力」ってギャグでしかないっすよね。※あ、この本、読んだことはないです。

こういう遅くまで拘束される会社、抗おうにも抗えない雰囲気の会社で働くことと副業を両立させるのは無理だと思います。僕も2年ほどそういうきつい会社で仕事と副業を頑張りましたが、今も残ってる資産のようなものはありません。※ヤフオク転売などの経験を資産と言ってもいいならば別ですがw

なので僕は辞めました。 アルバイトでもいいからもっと副業に意識と時間を割ける仕事に移ろうと思い、転職をしました。

結果としては”正解”。 もっと年収は低くなると覚悟してましたが実はそうでもないし、休みも増え、精神的な余裕も確保できて副業により一層の意識と時間を割くことができております。ちなみにアルバイトではなく派遣社員って道を選びました。もし、アルバイトという道を選んでいたならば、あまりの甲斐性なしっぷりに嫁さんに愛想をつかされてたかもしれません…(苦笑)

大学を卒業して一流会社に入ってエリート社員として突き進むという道が僕には残されていない以上、今の「本業+副業」の合わせ技1本で豊かな暮らしを実現するしかありません。本業の方もそろそろ、、、次なるステージに進めそうな段階まで来てますが、副業の収入の伸びに比べると本業の収入の伸びが地味過ぎて話しになりません…(´;ω;`)ウゥゥ

稼げても安易に仕事を辞めて専業になるな。

数年間、情報を貰ってる人がいるんですが、その人はアフィリエイト(ネットビジネス)で稼いでも仕事は辞めるなと言ってます。なので稼ぐ前に仕事を辞めるなんてもってのほかです。

僕も以前まで副業で稼げたら、仕事を辞めて独立するんやぁ~なんて思ってましたが、最近は「本業+副業」の合わせ技1本で暫く進んだ方がいいな…と思いを改めております。

本業からの収入は何て言ったって堅いんです。そう簡単に上がっていかないかもしれないけど、逆に下がることもあまりないじゃないっすか。アフィリエイトを筆頭に、副業での稼ぎって安定しないんですよね。いいときもあれば悪いときもある。

皆、副業からの稼ぎがいいときに独立をするんでしょうが、商売には波があって悪いときも必ずやってくるんですよね。そういった悪いときに、あなたの生活水準は保てますか?と問いたい。このあたりを想定していない人が多いよね。後戻りができないだけに安易に仕事を辞めるのは推奨できませんな。

というか、いきなり上手くいかないでしょ。

「輸入転売ネットショップ→サイトアフィリ」という変遷を辿ってきている僕の副業人生ですが、当初、そして今も一緒に事業を行っている人間と話をしていたのは「いきなり上手くいくわけがない」ってことです。

まぁ、そろそろ3年経ちましたのでボチボチ前進しているところを実感したいところではありますが、「輸入転売ネットショップ→サイトアフィリ」のように進む方向を変えたことから分かる通り僕たちは色々遠回りしています。

思うんですけど、自分がやろうと思った最初のことで物事を回せる人は希少なんですよ。どんなことにも3年くらい修行の期間があるのが普通でしょ。料理人の世界なんて修業期間はもっと長いですよ。3ヶ月やそこらで上手くいかせようと思うのがそもそもオカシイんですよ。

上手くいかない期間、芽が出ない期間がどれぐらい続くか。 ここはかなり厳しめに考えて副業に取り組むべきでしょうね。

ラクしたい気持ちは分かりますが、ラクばかりして生き残ってる人なんていないっすよ(^_^;) ラクに生きてるように見せて、その人しか解決できない難しい問題に対処してたりするんです。オンリーワンのスキルを持ってたりするんです、ラクに生きてるように見える人って。

<まとめ>仕事は変えてもいいが副業一本は辞めとけ。

まぁ、これは自分の適性のようなものを踏まえての意見ですけどね。独り身だったら別意見かも。

独り身だったならば迷惑を掛ける人もいないしチャレンジしまくるのもいいと思う。もし上手くいけば副業でちまちまやってる人間を置いてけぼりにできるくらい前に進むことができるだろうし。

でも、俺は嫁、子どもがいるからなぁ。踏めるリスクにも限りが出てくるわけですよ。なので万が一のことを考えたら、どんなに副業が上手くいこうともサラリーマンとしての面を持ってることの意味って大きいんですよ。今のバランスを保てているかぎりは「本業+副業」の合わせ技1本で豊かな暮らしを追い求めようと思います。

サラリーマンとしての仕事から得られるものって金だけじゃないよね。世間一般的な勤め人は今どんなことを思ってるのか、そういった生の感覚を取り入れることができる価値って実は凄いものだと思います。「あとはそれをどう活かすか」です。商売のタネはどこにでも転がってます。

-さだえさんのつぶやき
-, ,

Copyright© さだえさん , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.