珍しい土日休みの不動産会社に勤めつつ、趣味に生きてる30代既婚男です。

さだえさん

さだえさんのつぶやき

競争は激しいはずなのにライバル店から紹介してもらえる不動産屋。

投稿日:2016年8月30日 更新日:

僕の本業は不動産屋です。

不動産屋

僕自身は駅前にある賃貸仲介のお店で5年くらい働いていました。賃貸仲介っていうと、もう何年も前から飽和状態になっていて、お客さんの取り合いなんです。

新着物件が多いとお客さんからの問い合わせが増えるから毎日10件、新着物件を登録すること!みたいな筋肉バカ系の戦略をうちの店でも採用していたのですが、その先にあるのは血みどろの争いです。

ちなみに僕が働いていた住居専門でした。たまに事務所・オフィスを探している人も来店されましたが、完全に専門外でほとんど力になれることはありませんでした。

というか僕が働いていた駅で事務所・オフィス専門でやってる不動産屋は何故か1店舗だけでしたね。そんなに事務所・オフィス客が少ないってわけじゃなかったんですが特化してるお店はそのお店だけでした。なので、うちのお店では事務所・オフィス希望客が来たら、「あのお店に行ったらいいですよ、あっちは専門で強いから。」って伝えてましたね(^_^;)

だって、本当に専門外で力になれないんだもん。

ということで、本来ライバルである不動産屋からも紹介してもらえる○○開発さんはウハウハでしたでしょう。リーマンショック後の一時期、全く事務所利用客がいなくなったため、そのときばかりは業績が落ち込んだでしょうが、今は…儲かってるでしょうね( ̄▽ ̄)

久しぶりに店舗名で検索したら健在のようでした。

結構、大きめの駅で事務所・オフィス専門仲介があの店だけだったのは今考えると不思議ですね。誰も参入してこないから、本当にウハウハだったと思います。そして今もね。

同じことをやってるようで、実は狙ってるターゲットが違う。

これって商売やる上で非常に大事なことなんですね。だってライバルのように思える会社から紹介してもらえるんだぜ?

そんなんウハウハに決まってるじゃん!狙いましょう、こういうポジション。

-さだえさんのつぶやき
-

Copyright© さだえさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.