珍しい土日休みの不動産会社に勤めつつ、趣味に生きてる30代既婚男です。

さだえさん

さだえさんのつぶやき

頑張っても結果が出ない。そんなときに昔の俺に感謝したこと。

投稿日:2016年9月18日 更新日:

前回、⚫︎⚫︎がないとアフィリエイトでは結果が出せないという話しをしました。

何か国語のテストみたいになりましたが、もしよければ前回の記事を読んで考えてみてください。⚫︎⚫︎を意識するのはとても重要です。⚫︎⚫︎がなくなってる自分に気が付いたら適度にガス抜きしてあげましょう。

金がないとどうしても⚫︎⚫︎もなくなってしまうものですが、⚫︎⚫︎がないあなたに1枚の写真を見てもらいたいと思います。

コレです。
↓↓

からくり箱貯金

これが何だか分かりますか?

これはからくり箱です。からくり箱に500円玉が入ってます。

かつて500円玉がギチギチに詰まっていたんですが、金がなくて、⚫︎⚫︎もなくて、給料だけではやっていけなくて、昔の俺が貯めていた500円を取り出しては飯を買うとか何かの費用を支払うとかしていました。

多分からくり箱に500円をギチギチに詰めたのは10年以上前。その日暮らしながら今より稼いでいたときに財布の中から500円を取り出してはからくり箱に詰めていきました。そのときは将来このからくり箱に精神的に助けられるとは思ってもいませんでした。厳しい冬に備えて貯めておこうなんて考えでやっていたわけではなく、単に開けるのが難しいからくり箱にギッシリ500円玉が詰まってたらビジュアル的に爽快だろうなぁ…と思ったからやってただけです。

その後、社会に出て、徐々に僕の生活は落ちぶれていき、貯金をすることはなくなりました。いや…むしろ社会人になってから貯金が減り続けました。25で社会に出て30になるまで小さな不動産屋で働いていたんですが金も時間もなく、そして⚫︎⚫︎もありませんでした。

その後、付き合っていた彼女と結婚することになりました。そのタイミングで職を変えることにしたのですが、そのときもまだ⚫︎⚫︎はなかったです。結婚、引越、出産と何かと入り用で僕の安月給だけでは収入が足らず、本当は使いたくなかったんですが、下ろせる金がない、というときにこのからくり箱に貯めた500円を使いました。

こんなの言いたくないですが、僕にもこういう時期があったんです。

かつてギチギチに500円玉が詰まってたからくり箱、今見るとかなりスカスカになっちゃってますね。

本当に金銭的にキツイとき、昔の自分が貯めていた500円に何度も救われました。精神的に崩れおちそうなときにこのからくり箱が歯止めになってくれました。

からくり箱、ありがとう。
そして昔の俺。色々なところに貯金してくれていてありがとう。

キツイときに隠し金的なものがあったから精神的に耐えられたよ。だから一番キツイときを乗り越えることができたよ。

ナマズは職を変えてから派遣社員→契約社員となり3年間強働いてきましたが、先日ようやく正社員として登用されることが決まりました。とりあえず色々なことがあった3年間。キツかったことが大半…ってな感じでした。マジで忍耐忍耐の3年間だった。正社員になったらバラ色の人生か?と言われるとそんなに条件面も変わらないのであんまり実入りは変わらないんですけど何より精神的には報われます。

そして、サラリーマンの仕事とともに迷走してきた副業も、ネットショップ主体からアフィリエイト主体に収入の質が変わってきてますが、以前より随分安定してきたなって感じです。

ネットショップのときは月利が20万を超えるときもあれば5万を下回る月もあってかなり波が大きくて安定とは無縁でしたからね。在庫も持たず、またアフターフォローも必要ないアフィリエイトには感謝しかないですね。感謝というよりか何て割のいい商売なんだって感動ですかね。

簡単にアフィリエイト報酬は増やせるものでもないですが売上が増えても大変じゃないというのがマジで有難い。自分がやってきたからどうしても比較しちゃうだけどネットショップは売上が増えると梱包とか発送とか入金確認とか色々大変だからさ…(^_^;)

まだまだ収入面で万全とは言えませんが、またからくり箱にギッシリと500円を詰めたいと思います。ゲーセンで両替してきたら一瞬で出来ますがジワジワと500円玉を詰め込んでいこうと思います。

また、いつの日かからくり箱の500円にお世話になるときが来るかもしれないしね(苦笑)

貯める喜び、そして備えあれば憂いなし。←ナマズ心の俳句

からくり箱のおかげで辛いときを乗り越えて、⚫︎⚫︎がない状態から抜け出すことができた。キツイときを乗り越えるには、僕にとってのからくり箱みたいな精神的支えが必要かもしれませんね。

マジでからくり箱、ありがとう。
そして貯金する癖を持ってた俺、ありがとう。

-さだえさんのつぶやき

Copyright© さだえさん , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.